函館市医師会看護・リハビリテーション学院 看護学科 看 護 学 科Department of Nursing

函館市医師会看護・リハビリテーション学院 看護学科

ナイチンゲールの夢に向かって

看護の尊さと歓びを知り、誇り高き人間性を育てます。

「函館市医師会看護専門学校」のルーツは昭和28年に函館市医師会附属准看護婦養成所にあります。幾度かの名称変更などを経て、平成17年度に函館市湯川町に移転。教育環境の整備・充実を図るため看護学科(専門課程・2年・全日制)を新設いたしました。今日まで看護師501名(第13回生)、准看護師4,203名(第64回生)の優れた人材を輩出しています。平成31年4月、将来的な医療状況を見据え、地域医療を支える看護師の育成を目的とし、看護師3年課程を開設いたしました。そして令和2年、新しい時代の幕開けとともに総合的な医療人育成を命題に新設のリハビリテーション学科(理学療法学科・作業療法学科/五稜郭キャンパス)と統合し、新たに函館市医師会看護・リハビリテーション学院の看護学科として生まれ変わります。

ナイチンゲールの夢に向かって

ナイチンゲールの言葉

最も幸福な人々、自分の職業を最も愛する人々、
自分の人生に感謝の念を抱いている人々、それは私の考えでは病人の看護に携わっている人々である

この世の中に看護ほど無味乾燥どころかその正反対のもの、すなわち、自分自身は
決して感じたことのない他人の感情の中へ
自己を投入する能力をこれほど必要とする仕事は他にないのである

看護の本質を求めて。

自分のもてる力を十分に差し出せる看護師になりたい。

看護学科アドミッションポリシー

◎本学科は、教育理念・教育目的にもとづき、次のような資質を持った学生を求めています。

  1. からだとこころ・生活に関心があり、健康な生活を送るための日常生活力を身につけようとしている人
  2. 自分の考えや感じたことを表現することができ、自分だったらと相手の立場になって考え感じられる人
  3. 笑顔・挨拶・返事ができ、社会人としてマナーを身につけようとしている人
  4. 看護に関心があり、新しいことを受け入れ変化できる柔軟性をもっている人
  5. 目標に向かって仲間と協力してチャレンジ(挑戦)できる人
看護の本質を求めて。
■教育目的

人々の生命を守り、健康と質の高い生活を支援するために、いつの時代にあっても変わらぬ看護の本質を見極め、論理的思考を基盤とした看護実践能力と共に、個人を尊重できる豊かな人間性と職業倫理を涵養する。また、地域社会の保健・医療・福祉に貢献できる自己教育力の高い看護師を養成する。

■本学科の特徴

ナイチンゲールの考えに基づく看護を実践できる人材を育成します。そのためには、看護の対象に三重の関心(知的関心・心のこもった関心・実践的関心)を注ぐことができるように、看護の学習・実習体験を通して「専門職業人としての社会人基礎力」と「倫理性」を意図的・段階的に教育します。さらに、「自己のもてる力を十分に差し出す」ことができる看護師の育成を目指します。

専門性・人間性・自己教育力・社会人基礎力

三重の関心「知的関心」「心のこもった関心」「実践的関心」を体得するには、医療人に必要な能力を磨く必要があるのです

専門性・人間性・自己教育力・社会人基礎力

PAGE TOP

資料請求
お問い合わせ
こんなに面白い!作業療法士
PAGE TOP

LOADING...